ホテルで暮らし百貨店で買い物がしたい人

外商カード ラグジュアリーホテル スキンケア

百貨店外商との今後の付き合いを考えて 底辺外商顧客を脱却するための考察と具体的金額の見つけ方について

ステルスマーケティング規制における広告表記について

当ブログは記事内に「アフィリエイトプログラムを利用した成果報酬型の広告」が含まれています。また、当ブログ運営者である「パン粉玉運営本部」は、該当するこれらの広告の監視を常に行っており以下の作業を定期的に実施しています。

1.当ブログに関連のない広告ブロック(GoogleAdSense)
2.真実性に基づく良質な広告監査と提供

表示される広告について、ご不明点がございましたら遠慮なくお問い合わせください。
当ブログは「アフィリエイトプログラムを利用した成果報酬型の広告」から得られる収益で運営を行っています。

2023年9月3日パン粉玉運営本部

底辺の外商顧客 つまり年間の買物総額が少額の外商顧客を指します 外商担当者がある日突然いなくなりSNS担当者に振り分けられた人たちは 果たして「底辺の外商顧客」なのでしょうか? 底辺の外商顧客の位置づけとはいったいどのようなものなのか!またその脱却基準について 筆者独断偏見で考察を行ってみました

底辺外商顧客の位置づけと脱却

「底辺外商顧客」 これは筆者が勝手に考えた言葉です ただこの言葉の意味を説明しなくとも 多くの方が理解すると予測します 皆さんはどのように解するでしょうか!

パン粉玉
パン粉玉

我が家は買物額が少ないから

そう漠然とではありますが 「一定の期間における『買物額』」を想像し「底辺外商顧客」を理解するのだと思います ではその『買物額』とは具体的にはいくらなのでしょうか?実は百貨店によって その金額に違いがあると考えています またこれらを理解することにより「底辺外商顧客」脱却の糸口もあると思われます
ちょっと面白そうなので考えてみましょう

ラウンジイメージ画

外商担当者がSNS担当者に変わる日

現在多くの外商顧客は 担当者がいなくなり LINEやメッセージアプリを利用したやり取りに変更されていると思います そういった連絡をハガキや郵便で受け取った方はがっかりしたのではないでしょうか
「もしや私は『底辺外商顧客』!!」と 隅っこに追いやられた気分になったことでしょう
ただ筆者 これに関しては「がっかりする」必要はないと考えています 以下の記事を読めば理解いただけるでしょう

関西の百貨店が、「外商」と呼ぶ富裕層向けサービスで若い顧客の開拓に乗り出している。共働き世帯など購買力の高い40代以下を対象に、SNS(交流サイト)の活用など年代に合わせた接客方法を導入。

2022年10月25日 日本経済新聞

大手百貨店の個人外商売り上げの伸びが続いている。(中略)デジタルを活用したネットワーク化、ダイレクトマーケティングを通じて、若年層らの新たな顧客開拓につなげる。

2023年1月13日 繊研新聞
POINT

『若い顧客の開拓』=世代交代
『デジタルを活用(SNS)』=現代の付き合い方

百貨店業界も顧客の世代交代が生き残りの鍵となっているのではと考えます これまでの外商顧客も大切ですが 次の時代を担う外商顧客の獲得も必要です コロナを契機に一気に加速したのだと思います
若い世代にも「富裕層」は存在しています しかしながら百貨店は従来どおりの付き合い方では 埋もれた原石顧客をダイヤ(百貨店にとってよい外商顧客)にすることはできないと考えたのでしょう

パン粉玉
パン粉玉

それが『SNS』の活用だったみたい

SNS担当者になってしまった方は 冷静に考えてみてください SNSの方が良いのではないでしょうか? 使い勝手が良いと思うのです

パン粉玉
パン粉玉

ロレックスって外商通して買えますか?(買えません) ♪(直球)

SNSをうまく活用すれば 面と向かって聞きにくいことも聞きやすいと考えます 私達であればSNSは使いこなせることは間違いないでしょう
つまり貴方は百貨店業界の外商(優良)顧客獲得の戦略下にいる人だったということになります♪ よって筆者はSNS担当者に振り分けられたからといって その外商顧客は「底辺外商顧客ではない」と位置づけているのです

底辺外商顧客脱却の必要性

私は外商顧客の「底辺なのか」「底辺でないのか」!それが重要か重要でないかは 人それぞれかと思います

「なかなか手に入らないモノを手に入れたい」「高額商品をもっとお得に買いたい」「情報がもっと欲しい」「良い商品の提案が欲しい」 百貨店の外商との付き合いは幅広いです

筆者も考えるに 歳をとった時に家のことや老後のことを相談したいなと考えています 若い頃のように動き回ることができないので 気軽に相談し百貨店を通して買物ができたら良いなと考えている次第です

有名ブランドは無理ですが 高額商品は外商優待以上の優待 つまり 割引も可能です 発売前の商品も見ることも可能です 百貨店との付き合い方次第では 一定の人達は より生活が豊かになるかもしれないと考えています
早い段階で身の丈に合った百貨店を見つけて付き合いを深めていくのも良いのではないと考えます

パン粉玉の構想

底辺脱却して 長く付き合えそうな百貨店をみつける!

以上のことから 「底辺外商顧客」脱却の必要性もありかなと考えています

底辺脱却とボーダーライン

百貨店の外商 底辺脱却!言うのは簡単ですが 具体的な脱却を定義しようとすると もう少し熟考が必要です

パン粉玉
パン粉玉

とりあえず百貨店で3,000万円を使おうか?

それができれば 速攻底辺脱却でしょうね しかし金は湯水の如くございません まずはそのボーダーを考えるのが先決でしょう 「底辺外商顧客」の基準はどこにあるのでしょうか 皆さんはすでにお分かりですよね

ANSER

「年間お買上額(年間買物額)」

「年間お買上額」とは 百貨店が指定する『一定期間』における百貨店内での『買物積算額』を指しています

パン粉玉
パン粉玉

じゃ〜ボーダー金額はいくらなの!

やはり誰もが知りたいのは 底辺脱却の具体的な金額でしょう 意外とそれは簡単なところに答えがありました
「ラウンジの利用権利」です 各百貨店は外商顧客が利用できるラウンジを設けています そのラウンジを利用するためには 各百貨店が定める年間お買上額をクリアすることが必要です

調査をすると百貨店の規模や外商顧客人数によって大きく差がありました
現在筆者が保有する外商のみですが下記にまとめてみました

阪急阪神百貨店近鉄百貨店京阪百貨店
年間買物額300万円以上1100万円✕2年150万円
ラウンジ名クリスタルサロンプラチナサロンお得意様サロン
外商種類準ハウスカードハウスカードハウスカード
年会費無料2無料無料
※1 人数制限あり買物額上位スライド式 年度によって金額が変化 ※2 阪急阪神お得意様カードプレミアム

上の表をみて分かるように 百貨店規模に応じて ラウンジ利用権利を取得できる「年間買物額」が比例していると感じ取れます
阪急阪神百貨店のクリスタルサロンは 特徴的です ラウンジ利用権利の人数を絞っているため 「年間買物額」上位からカウントしていくそうです ここに記載している300万円は単なる目安であり 300万円をクリアしたとしても クリスタルサロンを利用できるとは限らないそうです

底辺外商顧客のボーダラインが「ラウンジ利用権利」を得られる「年間買物額」と定義するのは いささか強引と言われるかもしれません しかし逆の視点 つまり百貨店サイドから考えれば それほど強引ではないと思えます 百貨店にとって「ありがたい外商顧客」だからこそ「ラウンジ」を利用してもらう! それは最もの事と思えるからです

ただし「ラウンジ利用権利」が得られる「年間買物額」をクリアしたからといっても それは「脱却の一歩」を踏み出しただけにすぎません とはいえ まずは 「ラウンジ利用権利」が得られる「年間買物額」をクリアすることが先決でしょう

まとめ

底辺外商顧客を脱出するためには 紛れもなく「年間買物額」を多額にすることです しかしながら いくら使えば良いのか具体的に考えたことはありませんでした そのためにSNS担当者に振り分けられただけで「あ〜底辺外商顧客〜」なんて叫んでしまう人も多かったはずです

今回は強引に「ラウンジ利用権利」が得られる「年間買物額」を基準に底辺外商顧客脱却のボーダーを考察してみました 百貨店側かから考えれば 意外とその考え方は「強引」ではないと考えます

百貨店の誰か
百貨店の誰か

『当百貨店でそれだけお買い上げいただければ 当百貨店のラウンジを(とりあえず)お使いください』

そんな声が聞こえてきそうな感じがしますね 笑

底辺外商顧客を脱却したいと望む人は 人それぞれと思います これから長く付き合っていける「身の丈に合った自分の百貨店」をみつけるには 「ラウンジ利用権利の年間買物額」を参考にするのも良いかもしれませんね

パン粉玉
パン粉玉

皆さんはどこの百貨店が身の丈にあっていますか?

Recommendationおすすめカテゴリー